スポンサーリンク

ブログで稼ぐために何から始める!? 「ブログ飯 個性を収入に変える生き方 by 染谷 昌利」

シェアしていただけると嬉しいです。

嫌なことから逃げないで、なおかつ、本当にやりたいこととも正面から向き合わない人が、今の世の中には、とても多いと感じています。嫌なことからは逃げていいんです。やりたいことを、とことんやればいいのです。

著者 染谷 昌利さんはこんな人


1975年生まれ。妻一人息子一人。4年制大学卒業後、就職情報誌の営業、自動車関連企業の人事担当者、不動産関連企業の人事担当および営業担当を12年間経験した後、2009年に非IT系出身ブロガーとして独立。運営するブログ「Xperia非公式マニュアル」が人気を集め、Google AdSenseの成功事例に取り上げられる。 現在はブログの運営や執筆、講演、企業やブロガー・アフィリエイター向けのコンサルティングにより生計を立てている恐妻家フリーランサー。日本アフィリエイト協議会(JAO)理事。Google AdWords認定資格者。共著書に『プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典』(MdN)がある。 個人ブログ:http://someyamasatoshi.jp/ Xperia非公式マニュアル:http://someya.tv/

「ブログを書いて飯を食って生きたい!」 と考えている人に向けて書かれた本書。

出版されたのは2013年。

今でもブログで生きていきたいと考えている人たちから強く支持されており、今では絶対外せない教科書的な存在になっているのではないでしょうか。

わたしも発売された年に本書を購入しました。

今回は再読となったのですが、その内容は全く古さを感じることなく、学ぶことは山ほどありました。

ちなみにわたしは、ブログを書いて食べて生きたい! とは考えていません。

このブログで紹介している本を購入されると、かすかな収入にはなりますが本当に微々たるものです。

それでも本書から多くを学び共感することができたのは、ブロガーである著者の染谷さんも、会社員のわたしも、同じ人間だから。

価値あるものを提供したい! そのために成長したい! と思い行動を起こしても、なかなか結果にはつながらない日々。

挫折しそうになる自分を励ましてくれる家族の存在。

そして当初望んだ結果を手にするまでの過程・・・。

本書には著者のブログにかけてきた人生が凝縮されています。

ブログ成功者としての名声を手にした著者の染谷氏ですが、彼もブロガーであるために一個の人間であるのだな〜、ということを本書を読んで強く感じました。

本書の中にはただ稼ぐためのスキルやテクニックを寄せ集めたものではなく、一個の人間のドラマがあります。

ブログには人の数だけ可能性がある。

そんなことを思い知らされる一冊です。

スポンサーリンク

 なぜあなたがそのブログを書く必要があるのか?

あなたの独自性は、誰のメリットになるか? を考えることです。アクセス数や収益を上げるためには、価値を生み出さなければいけません。

自分の得意なことや、詳しい知識が誰かの役に立つことができれば、そこに価値は生まれます。

自分が得意にできることは「自分にとっては当たり前」なので、自分のすごさに気づいていない人は案外多いのではないでしょうか。

誰の言葉かは忘れてしまいましたが、

「自分のよい点は、自分の背中についている。自分では見えないけれど、他の人にはしっかり見えている」

というのがありますが、本当にその通りだと思います。

ちょっと難しいかもしれませんが、一度時間をとって、自分が得意なことや他人と違うところの棚卸しをしてみるといいかもしれません。

一人で自分の長所や人との違いを理解することが難しい時は、親しい人に聞いてみるのもいいと思います。

人との「差」が大きいほど、提供できる「価値」は大きくなります。

人との「差」こそ、「なぜ自分なのか」の答えです。

 文章力向上の秘訣 = 「思いやり」

文章力を向上させる最大の秘訣は「思いやり」だと、私は思うのです。自分の好きなことについて、その魅力を自分の身近な人――例えば、家族や友人などに説明するとき、専門用語の羅列で説明するでしょうか。いいえ。きっと、できるだけわかりやすく説明するでしょう。

頭のいい人ほど、難しい言葉はつかいません。

偉業を成し遂げた人や、成功者とよばれる人が書いた本を読んでみるととっても読みやすくびっくりすることがあります。

そこには難しい言葉も、もったいぶった言い回しもなく、本質をシンプルに書かれていることが多い。

それはきっと本物の成功者は「思いやり」に溢れた人だから。

本を読んでくれる人たちへの感謝の気持ちと純粋な「伝えたい」という思いがあるからだと思います。

ブログを書くには文法やうまい表現方法よりも、まずは読者への「思いやり」を意識しなくてはいけません。

忘れてならないのは、記事を読むのは検索エンジンなどのプログラムではなく、人間だということ。

実際にブログに記事を書く時には、自分の大事な友人を頭に思い浮かべてみる。

あの人にこの商品を薦めるとしたら、どんな風に伝えればいいだろう、としっかりと考えることがとっても大切なのですね。

 情報の横流しでは、ブログの意味はない

成果を上げている人は商品の価値に自分の見解や情報を付加し、更に商品の魅力を向上させています。成果を上げていない人は商品の価値を横流ししているだけなのです。

ブログを書く上で絶対に外してはいけないのは、読書の方に価値を与えて、喜んでもらうことです。

その対価として、ブログから収益を得ることができるようになります。

書き手の独りよがりの記事であれば、いくらでも書くことができるかもしれません。

また、本の中の言葉をそのまま引用してしまえば、それだけで一本の記事を作ることはできるでしょう。

しかし、そんなことをしてもブログをやる意味にはなりません。

付加価値がないからです。

ただの情報を横流しするだけではなく、自分の頭で考えたことを付加価値として情報に上乗せすることが大切です。

与える価値が大きければ大きいほど、収益も大きくなるというのは、どうやらブログの鉄則のようです。

その意識をもつことで格好良く、継続的にブログからお金を稼ぐことができるようになるのですね。

今日の運気アップ(40字要約の実践

自分の頭でしっかりと考えて、自分だけの「付加価値」を情報に乗せて提供する!

hello