スポンサーリンク

主婦にもサラリーマンにもオススメしたい時間術! 「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術 by 樺沢 紫苑」

シェアしていただけると嬉しいです。

「今の自分の人生を大きく変えることは無理だ……」

「自分の将来は、たかがしれている……」

「目の前のレールを走り続けていくしかない……」

そう感じている人は、多いと思います。  だから、目の前の嫌なことを忘れるために、テレビやネットのおもしろ動画をだらだら見たりして、とりあえず「今だけ楽しい」という受動的な娯楽に時間を費やしてしまうのです。 あなたの時間の使い方を根底から見直して見ませんか?

著者 樺沢 紫苑さんはこんな人


樺沢紫苑(かばさわ・しおん) 精神科医、作家 1965年、札幌生まれ。札幌医科大学医学部卒。 Facebookやメールマガジン、Twitter、YouTubeなどインターネット媒体を駆使し、累計 40 万人以上に、精神医学や心理学、脳科学の知識、情報をわかりやすく発信している。 月 20 冊以上の読書を大学生の頃から 30 年以上継続している読書家。そのユニークな読書術を紹介した『読んだら忘れない読書術』(サンマーク出版)は、年間ビジネス書ランキング第 10 位(オリコン)、 15 万部のベストセラーとなっている。 主な著書は『脳を最適化すれば能力が2倍になる』(文響社)、『ムダにならない勉強法』(サンマーク出版)、『「苦しい」が「楽しい」に変わる本』(あさ出版)など 20 冊

引用元:脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

もっと時間を有効に使いたい! なんだか無駄にしているような気がする。

いつも仕事に追われてばかり。 勉強やスキルアップのための時間を確保したい!

もっと家族サービスをしたい。

そんなことを考えたことがある人には、強くオススメできるのが本書です。

わたしも同じようなことを考えながら生きていて、どうにかして時間を創出できないかと日々試行錯誤していたのですが、本書は希望の光となりました。

本書を読んで確信したこと。それは

時間の使い方の差で人生は決まる、ということです。

生まれ持った能力よりも、時間の使い方の方がよほど大事。

時間を有効活用するためには

  1. 「日光を浴びる」
  2. 「リズム運動をする」
  3. 「咀嚼する」

この3つを日々の生活に落とし込み、実行すること。

頭ではわかっていても、ついついいつもの習慣に戻ってしまうのが人間です。

でも、本書にはこの3つを実行することのメリットが、著者の実体験にも基づいて詳細に書かれているため、早く実行したくてたまらなくなる衝動にかられます。

この3つ以外にも「時間」について、学べることがたくさんありました。

その中でも、わたしが特に重要だと感じたポイントを今日はまとめたいと思います。

スポンサーリンク

 寝る前15分は記憶のゴールデンタイム

朝起きてからの2時間は、「脳のゴールデンタイム」と言われますが、脳にはもう一つの「ゴールデンタイム」があります。それが、寝る前 15 分です。  寝る前 15 分は、「記憶のゴールデンタイム」と言われます。   寝る前 15 分に記憶したことは、1日の中で最も記憶に残りやすいのです。 つまり、試験勉強や語学の勉強など、暗記系の勉強をしている人にとっては、「寝る前 15 分」は、「日中の1時間」に匹敵するのです。

寝る前にホラー映画をみると、そのなかの光景がそのまま夢に出てきて悪夢にうなされるということがあります。

それが寝る前の15分、つまり記憶のゴールデンタイムにされた行為だからだと考えると納得です。

最近わたしの嫁さんも「クロックタワー」というホラーゲームの動画を見て、悪夢で眠れない・・・とぼやいていました。

多くの人は、寝る前に「今日あった苦しかったこと」「つらかったこと」「失敗したこと」「心が傷ついたこと」などを思い出すのではないでしょうか。

でも、

「ああすればよかった」「なぜあんなポカをしてしまったんだろう・・」

と、「失敗体験」を振り返りながら眠ると、それが強烈に記憶されてしまうから要注意です。

「人間は寝る前に考えた人間になる」という言葉がありますが、本当にその通り。

寝る前に考えたことは、私たちの潜在意識の中に、そのまますっと入ってきます。

だから、この特性をいいように利用しましょう!

著者がオススメするのは、

  • 今日あった「楽しい出来事」をSNSに投稿する。
  • 今日あった楽しかった出来事を1つ思い出す。

あと、わたし個人的にオススメしたいのは、感謝できることを考えてみるです。

失敗したけど、あの人が助けてくれた。ありがとう。

ちゃんと謝ったら、取引先も許してくれた。ありがとう。

こうして感謝しながら眠りにつくと、翌日にさらなる感謝が引き寄せられるから面白いです。

 通勤時間を最大限に活用する!

私は、月に 20 ~ 30 冊ほどの本を読んでいますが、自宅では読まないので、すべて移動中に読みます。つまり、やろうと思えば、移動時間だけで月に 20 ~ 30 冊の読書ができるということです。

読書家としても有名な著者ですが、自宅で本を読まないというのは驚きでした。

通勤時間に読書するだけで、「読書家」になれるのですね!

皆さんは、通勤電車の中ではどのように過ごされていますか?

たまに周りの人を見渡してみると、立っている座っているに関わらず寝ている人、スマホゲームをしている人がとても多いように思えます。

そして個人的は、それはとてももったいない時間の過ごし方だと思います。

この時間を活かして著者のように「読者家」になることだってできるのに・・・と思ってしまいます。

そこで著者がオススメする、移動時間を効率的に利用する、読書術のコツをお伝えします。

それは、今日読む本を決める。

だだ、これだけ。

朝出かける前に、「今日は、この本を読もう」と決めて、カバンに1冊だけ本を入れる。

著者もそうしていて、たいてい家に帰ってくるまでに、その本を読み終えてしまうそうです。

さすがに、1日に一冊は難しいかもしれませんね。 わたしもできないです・・。

でも、いつまでに「この本を読もう」と目標設定をしたら、必ずその目標は守ること。

そうすると、電車の中でゲームをしたり、メールやメッセージをチェックしたりする暇がなくなります。

どうしても、メールチェックしたいのなら、本を読み終えてからやる、くらいの意識を持つことが大事です。

 メインスキルを持っていますか?

あなたのメインスキルは何ですか?  自分のメインスキルを磨くことに自己投資することで、圧倒的な仕事の効率化が可能になる。年間数百時間も時間を創り出せる。ありえない時間創出です。  あなたのメインスキルは、何でしょうか。

時間を無駄にしてしまっている方は、結局何をすればいいのか、自分でもわかっていないのではないでしょうか。

何をすればいいのかがわからないのは、自分の「メインスキル」をちゃんと考えていないから。

自分の仕事や人生そのものにとって、何が大切でどんなスキルを磨く必要があるのかを普段から考え、意識することがあれば、自ずと時間を有効に活用することができ、無駄がなくなります。

文章を書く時間の長い人は、「文章を書く」スキルを磨く。

会計や計算の仕事が多い人は、エクセルなどの表計算ソフトに習熟する。

プログラマーであれば、ブログラミングの最新知識を勉強しておく。

営業職であれば、会話力、コミュニケーション力を磨きあげる。

旦那さんをサポートしたい専業主婦であれば、料理やその他家事のスキルをあげる。

自分のメインとなるスキルを磨くことで、時間を効率化し、大幅な時間早出が可能になります。

逆にメインスキルを意識していないと、自分の時間を他人に使われてしまうことになります。

一度自分のメインスキルを考え、それを磨くためにはどのように時間を使えばいいのかを考えてみることはとても大切なことなのですね。

今日の運気アップ(40字要約の実践

人は寝る前に考えた通りの人間になる。寝る前は楽しいこと、感謝したいことを考える!

hello