スポンサーリンク

今日はこんなことを考えた 20180417

シェアしていただけると嬉しいです。

今日一日を振り返ってみて、わたしが考えたこと。

「そのお金で、結局何をするつもりだったの?」 です。

今日、定期券(SUICA)を落としたんです。

焦った。

朝から血の気が引いた。

わたしはSUICAは手帳型のスマホケースの中に入れているんです。

そしていつも改札前でSUICAをスマホケースから取り出すのですが、ケースを開いても、ない。

ポケットをまさぐっても、ない。

やってしまった! 駅まで歩いてくる途中でスマホを触ったのは一度だけ。 あそこで落としたに違いない!

仕方なく、来た道を引き返すわたし。

あの辺で一度携帯をポケットから取り出したよな? ということころまで戻って、周辺を探してみますが、やはりどこにもありません。

焦った・・・。

血眼になって落としたはずのSUICAを探しているわたしを、他の通勤者たちがどんどんと横切っていく・・・。

彼らはいつも通りのルーティンで、いつも通りの電車に乗って行こうとしているのに、わたしにはその「いつも通り」ができない・・・。

たった一枚のカードを落としただけで。

過ぎ去っていく他の通勤者たちが羨ましくさえ感じました。

だって彼らは一枚のカードを持っているんだから・・。

しばらく探したけれど、やっぱり見当たらないので、仕方なく切符を買って会社へ向かうことに決めました。

電車の中で、「あと何ヶ月残っていたんだっけ?」 と考えてみると、不幸中の幸いか、あと一ヶ月くらいだということがわかりました。

お金に換算すると、10,000円くらいの計算です。

今は一般サラリーマンであるわたしには決して小さくな出費・・。

小さくない出費・・・?

本当にそうなのか?

そもそも、その10,000円を使ってわたしはどうしたかったのだろうか?

使う予定のないお金を落としたところで、使わないんだから別になくなったって大したことがないんじゃないんだろうか・・・。

そんなことを電車の中で考えてみましたが、その答えはなかなか浮かびません。

ん? 神さまはもしかしたら、お金について真剣に考えさせるために、わたしにSUICAを落とさせたのではないか?

私たちは「お金が欲しい、お金が欲しい」という割には、その使い道についてあまり考えることはありません。

何にお金を使っているかよく思い出せないけれど、気がつくと給料日前にはお金が消えてなくなっている、という方も少なくないと思います。

それは、「お金」というものについてちゃんと考えたことがないから。

考えたこともないものを「欲しい欲しい」という人間たち。

まるで、お金こそが目に見える「幸せ」の正体であるかのように。

お金が欲しい! から、もっと考えを深めて、

「お金を手にした後で、結局何がしたいの?」

ということを、わたし達はもっと真剣に考えてみなければいけないと思います。

少し強引な言い方をすると、お金は所詮お金に過ぎません。

それは紙であり、銅やアルミの塊です。

ただそこにあるだけではその価値を発揮することはできず、使われて初めて真価を発揮できるのがお金。

わたしもせっかくSUICAを落とすという、なかなかできない経験をすることができたのだから、一度お金の使い道について、真剣に考えてみたいと思いました。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです。

フォローしていただけると更新を見逃しません。

hello